> 珈琲工房 ほろにが
HPも運営中♪お試しセットプレゼント応募

★☆★☆★☆★☆★☆★ 人気ブログランキングへ★☆★☆★☆★☆★☆★

> 検索
> 最新のトラックバック
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
<   2005年 02月 ( 41 )   > この月の画像一覧
エチオピアがオークション!?
Ethiopia's Coffee to Witness Record High Price

allafrica.comによると、エチオピア農務省は28日、同国が5月から10種類の高品位コーヒーの入札をインターネットを通じて行うことを明らかにした。
コーヒー、茶品質コントロールセンター(CTQCC)幹部はロイター通信に対し「インターネットを通じた入札でエチオピアの高品位コーヒーをより多くの人に知ってもらうことに役立つ」と語った。また価格についても「ネット入札でポンド当たり4ドル前後の水準を予想している。オープン市場ではポンド当たり0.87ドルだ」と期待をにじませた。

現在、入札にかける10種類のコーヒーの選定を行うため、同国のほか、日本や米国、ニュージーランド、オランダ、、フランスなど13人の審査員が190以上の同国産コーヒーの香りや風味などを調査している。

==

ポンド4~5ドルか。バック数によっては難しくない数値と思うけど、なぜいまさらCup of Excellenceに出品なのかな?SCAA主催のThe Exceptional Cup Auction じゃぁ無さそうだし・・・。Q Auction でも無さそうだし・・・・。理解不能(☆。☆)

とりあえずクリック(´・ω・`)
[PR]
by horoniga-com | 2005-02-28 22:48 | マスターのつぶやき
コーヒーハチミツ 第1話
定休日に、久しぶりにお出かけしてきました。
最近マスターがはまっている「手作り石鹸」の材料となる
アロマオイルを購入。

店先で、あれやこれやと クンクン 嗅いでいたら、
なんだかあまりの香りの強さに、鼻がバカに(´・ω・`)
コーヒー屋をはじめてから、香水・コロン類や、香料の強い物は
一切付けなくなったので、余計に匂いには敏感になった気が。

散々迷った後、「ハピネス(幸福)」と言う名の付いた
ブレンドオイルを購入。
コーヒーもブレンドすることで、味や香りに深みが増すけど、
オイルでもやっぱりそうみたいだなぁ。これは発見!

うん。うん。これはいい香りの石鹸が出来そうだぞ♪

続いて、ハチミツ石鹸を作る為に、はちみつ専門店へ。
いろんなハチミツが置いてあったけど、目的は一つ!

「コーヒーハチミツ」

他にハチミツよりも、色が茶色でどことなくコーヒー色。

気になる味は!?

次回 ご紹介します\(^o^)/


ちょっと覗いてみてくださいな♪
[PR]
by horoniga-com | 2005-02-27 18:00 | おすみの気まぐれ日記
花粉症とコーヒー屋
今日の栃木は、朝から久しぶりのお天気。
主婦には嬉しいお天気日和\(^o^)/早速お布団も干しました。
でも、お昼過ぎから何だか風が強くなってきた。
本当は花粉が飛ぶ前に干せれば良かったけれど・・・。

この時期、病院に行くほどでもないが花粉症気味のおすみには
いたって面倒くさい日々が続く。お布団だって、干した洗濯物だって、
取り込む際に掃除機をかけたり、はたいたりしなければならないからだ。
もっと重い症状の人は、お洗濯物も外には干せないのだろうけど。

幸いなことに、花粉症の症状は主に目にでるおすみは、
これ以上症状を進ませないように努力が必要だ。
なぜなら、鼻が詰まってはコーヒーの味が分からなくなってしまうから。
皆さんも風邪をひいたりして鼻が詰まると、どれもこれも味がしなくなっちゃうでしょ?
味を感じなくなるのは、コーヒー屋にとっては致命的なことになってしまう。

と、いつもマスターに怒られているおすみです(^^;ゞポリポリ

怪しくありませんから~。
[PR]
by horoniga-com | 2005-02-27 17:54 | おすみの気まぐれ日記
イチゴ狩り
おすみの日記にも書いたイチゴ狩り。たまには写真もアップしないと・・。と言うことで写真つきレポート。


県外からの観光バスでの客が多く、栃木県南では数少ない観光名所になりつつある場所。予約制で平日でも満杯の様子。



姪が遊びに来ても何もすることが無いので、イチゴ狩りに。




イチゴの花。



園内は大きなハウスが何棟も立ち、係員が場所まで案内してくれる。30分食べ放題で1300円位。子供は半額。とりわけ30分もイチゴを食べ続けるのは難しい・・・。食べ応えは十分です。


熟した実を摘んでは食べ・摘んでは食べ・・・・。20人位で開始したが、口々に美味しいと言って満足していた模様。栃木にお越しの際はぜひお立ち寄りを。詳しくはいちごの里参照。

==

とは言え小生、生まれも育ちも地元。小学校の時は近所のイチゴハウスに侵入し拝借していた。現在もいちご農家さん数件と縁あって、出荷できない物をよく頂く。お使い物等も農家さんから直接購入するし、いちごに対しては譲れない部分も多い。地元のイチゴは相当食べてきたと思う。

この農園のいちごは、何も付けないでそのまま量を多く食べるのに適している。大抵の方は満足して頂けると思う。「甘みがあり瑞々しいイチゴ」。悪く言えば、水っぽくボディーが無くすっぽ抜けた味。

痩せ地で水を減らして作ったイチゴは、しっかりとした根が張って、イチゴの芳醇な香りと豊かな酸味・コクを併せ持っている。小生の好みだ。コンポートやジャムにしても魅力的。個人的な意見ではあるが、甘いだけのイチゴやトマトはつまらないと思う。


愛のワンクリック!
[PR]
by horoniga-com | 2005-02-26 17:43 | マスターのつぶやき
いちご

昨日の定休日は、おすみの姪っ子が東京より遊びに来たため、
「イチゴ狩り」に出かけてきました。
栃木は「栃おとめ」や「女峰」で有名なイチゴの産地で
近所にもイチゴ農家さんはいらっしゃるが、おすみはお嫁に来てから

いや、生まれてこの方「イチゴ狩り」をやったことがなかったのです。

どうやらマスターも初体験との事。

着いたイチゴ狩り会場は、大型バスがツアーでやってくるような

大きなところで、大人は1300円・幼児は半額の650円で30分の

食べ放題。他のお客様20数名と共に指定されたハウスへ。

50mくらいのうねが6列。たわわに色付いたいちごがいっぱい!

ビックリするような大きなイチゴも沢山あって、すごく美味い!

食べる前は、「え!30分だけなの?」と思っていたのだが、

実際30分間イチゴを食べ続けるのは不可能に近く、

ほとんどのお客さんが途中で出て行ったにもかかわらず、

欲張りなおすみは時間ぎりぎりまで食べ続けた。

何だか胃から食道までイチゴがいっぱい詰まったような感じ。

でも、こんなにイチゴを食べることはもう一生無いと思うので、

とっても幸せな気分の一日になりました♪



でも、当分イチゴは食べなくてもいいなぁ・・・・。


==

クリック委員長!
[PR]
by horoniga-com | 2005-02-25 15:17 | おすみの気まぐれ日記
ブルーノートか。
http://nikkeibp.jp/によると、日本ミルクコミュニティは2月23日、東芝EMIとのパッケージ・コラボレーション企画商品の第1弾として、カップコーヒー「Off Beat Cafe CAFFE LATTE LL200ml」を4月12日に発売すると発表した。 米国のジャズ専門レーベル「BLUE NOTE」(ブルーノート)のアルバム・ジャケットをパッケージにあしらった。価格は134円。ジャズのリスナーとコンビニエンスストア顧客のコア年代層が一致する30~40歳代の男性を主な顧客に見込む。

ブルーノートは、1939年にニューヨークで設立されたジャズ専門のレーベル。国内盤の販売は、東芝EMIが行なっている。

カップコーヒーは、同レーベルのアルバムからトランペッターClifford Brownの「Memorial Album」、Freddie Hubbardの「Open Sesame」、ピアニストSonny Clarkの「Cool Struttin'」、そしてテナーサックス奏者Hank Mobleyの「Soul Station」の4枚を選んで、ジャケットをカップに印刷した。こうした形でのコラボレーションは、ブルーノートの歴史の中でも初めての試みという。

日本ミルクコミュニティによれば、ジャズは、かつてのジャズ喫茶のころから、近年のカフェまで、BGMとしてよく流される、コーヒーと相性の良い音楽。カップコーヒーの容器とジャズ名盤ジャケットを組み合わせることで、消費者には時間や場所を問わず、くつろいだ雰囲気を楽しんでもらいたいという。製品名にあるOff Beatはブラックミュージックで多用される裏拍子のリズム。音楽シーンを想起させる狙いで命名したという。

==
ジャズって50代~60代の人が、リアルタイムで楽しんでいたと思うけど面白い企画。Sonny Clarkなんかも出てるんだね。(写真参照)日本ミルクコミュニティってメグミルクだったのね。

と言うことは・・・・。

パッケージにはカフェラテと明記してある。イメージ的には深煎りのブラックコーヒーって感じだけどね。日本ミルクコミュニティのページにはまだ記載されていないよう。余計な事だけど、もう一般的なイメージは回復したのかな?小生は絶対買わないブランドの一つ。飲食として絶対やってはいけない過ちを犯してしまったのだからね。

ぷちっ。
[PR]
by horoniga-com | 2005-02-24 15:12 | マスターのつぶやき
ニッケイ新聞記事
ニッケイ新聞によると、コーヒー価格が今週、ニューヨーク先物取引所で五年振りの高値をつけたことでコーヒー業者は活気を呈している。

この高値で、やはり高騰している砂糖相場と合わせ農務省では、主要産物の大豆、トウモロコシ、小麦の相場が下落している現状の下、貿易黒字の減少の歯止めになると安堵している。生産者はこれまで三年間の赤字返済で手取りは残らないと手放しでは喜んでいないが、トンネルを抜け出たことは実感している。

ロドリゲス農相は十七日ブラジリアで開かれたセミナーでこれに触れ、価格下落サイクルの終了を宣言した。同相によると、2002年に1袋(60キロ入り)の価格が史上最低の100レアルとなってから、過去1年間は200レアル前後で低迷していたが、先週来からミナス・ジェライス州南部では生産者渡しで300レアルになったことを明らかにした。

さらに世界コーヒー機関によると、世界の需要増で供給不足が顕著となっており、来季(2005/6年)の全世界の生産は1億600万袋から1億800万袋と見込まれており、需要に対し700万袋が不足すると予測されることから、価格の高騰は続くとの見方を示した。

国内の収穫は4月から最盛期を迎えるが、今年の生産は3070万袋から3300万袋とみられている。いっぽう国内消費は1580万袋と予想され、国内コーヒー産業協会が2006年の目標として掲げた1600万袋の消費は本年内に達成される見通しだ。

==
去年10月には好調だった大豆の相場は下落していたのか・・・。砂糖相場も上昇も全然知らなかった。農家の方は天候や相場に左右されやすく大変と思う。中間マージンも大きな痛手。

お米の場合の多くは、農家→農協→米問屋→スーパーetc→一般消費者となる。この間に価格は2倍位に。偽装が相次ぎ、あまりにも信頼できない「お米」。2等級のコシヒカリ10キロ4000円以上も出すのなら、信頼できる農家さんから直に買う方が良いのでは?と正直思う。

しかし、米農家にはそのようなノウハウを持っている人が少ない。一般の消費者もそんなルートを開拓するのは一苦労なのかな・・・・。6000坪お米を作って、機械のローンを払うと手元に残るのは60万円。年間収入である。勿論この価格では生活出来ない。

ちなみに小生の生まれ育ったこの場所の地名は「豊田」地区。何も無いが、美味しいお米が取れる産地。お米はお隣さんに作って頂いている本物のコシヒカリ。以前は怪しい新潟の業者が買いに来ていた模様。栃木の美味しい地区のお米も何処かで「新潟産」になるんだろうなぁ。

売りたい人も大勢いて、購入したい人も大勢いるのに何故か成立しないビジネス。

活力材です。ポチッ
[PR]
by horoniga-com | 2005-02-23 15:12 | マスターのつぶやき
PIC東京コーヒーアワーシリーズ1
世界銀行主催 【第6回】 「世界銀行のプロジェクト融資業務」 ―中国の農村における"赤土地域開発プロジェクト”の例― 世界銀行PIC東京コーヒーアワーシリーズでは、世界銀行グループのスタッフと皆様とのインフォーマルな懇談会を開いています。第6回目は、世界銀行駐日特別副代表のトム・C ・ツイが、中国の農村における"赤土地域開発プロジェクト"を事例とし、世界銀行のプロジェクト融資業務についてご説明します。

日時: 2005年3月3日(木) 午後6時00分~午後7時00分
場所: PIC東京(世界銀行情報センター) 千代田区内幸町 2-2-2
    富国生命ビル 1階
発表者: トム・C ・ツイ 世界銀行駐日特別副代表
使用言語: 英語 (日本語への通訳はありません)
連絡・申込: PIC東京 (E-mail: ptokyo@worldbank.org Tel:03-3597-6650)
申込方法: 別紙のファックス用紙もしくは電子メール(上記アドレス)にてお申し込み下さい。

"赤土地域開発プロジェクト” 

世界銀行は、中国南部における貧困削減の一環として、1980~1990年代に2度にわたり"赤土地域開発プロジェクト”を行いました。当該プロジェクトは、江西省、福建省、湖南省、浙江省、および広西自治区の赤土地域において未使用の土地を開墾し、農家の収入増加を図るために農産物の生産性向上を目的としたものです。このプロジェクトはまた、当該地域における土壌および水質保全、土壌の侵食削減、さらに持続可能な土地利用と農業の推進を図ることで、環境にも寄与することを目的としました。

==

行きたいけど中国の農村かぁ・・・。微妙だなぁ。スピーチ英語かよぉ。無理だなぁ。レポートページにアップしてくれないかなぁ。残念っ。

ポチッ
[PR]
by horoniga-com | 2005-02-22 15:05 | マスターのつぶやき
こんな意見も・・。
コーヒー1日5杯で肝臓がんの発病4分の1

こんな話題は、コーヒー屋にとって嬉しいニュースである。
もちろん健康ネタはメディアも面白がって取り上げてくれる。

ココアが良いと言わればスーパーに走り、
血液サラサラと言ってタマネギ買いに行ったり。
ニンジンが良いと言えばまたスーパーに・・・。

買い手も売り手も嬉しいのだから、良いのかなと思うけど、
こんな記事を発見したので。

コーヒーが肝細胞がんを予防する詳しい仕組みは不明だが、
抗酸化作用のある成分がコーヒーに大量に含まれるおかげではないかと見られる。
(まだ予想の段階なのですね)

米国チームによる別の研究では、コーヒーや紅茶で大腸がんや
直腸がんを予防する効果は確認されなかったという。
(こう言う記事は、お店としては発表したくないね^_^;)

コーヒーが肝臓がんにかかるリスクを下げる可能性は、
東北大の研究などでも示されている。だが、これまでのデータだけでは、
肝臓に障害があるとコーヒーを飲めなくなって、
結果的に飲んでいる人が肝臓がんにかかりにくく見えるといった可能性も否定できない。
(コーヒーを良く飲む人=肝臓がんになり難くいのではなく、
 不健康な人=コーヒーが受け付けない。可能性もあるのか・・)


国立がんセンターによると、日本の肝臓がんの9割は肝炎ウイルス感染によるもので、
予防で最も大切なのはウイルスに感染しないこと、
感染が判明したら早い段階で治療を受け、病気の進行を遅くすることだ。



今回の研究チームは「ウイルスに感染している人たちの中でコーヒーに
予防効果があるかを検証したい」という。
(って事は、まだ本題に入ってないんだね・・・。

コーヒーやなのに不買運動っぽい記事になってしまった(+_+)

★゜ *:・'゜☆。,:*:・'゜★゜'・:*:,。,:*:・'゜:*:・'゜☆。,:*゜。,:*゜★゜*:・'゜☆。,:*:・'゜★ご意見・ご感想お待ちいたしております!トラックバック&リンクも歓迎です♪ ========================================================================= 人気ランキング実施中!    面白かった! 普通だった! つまらなかった!
今月のプレゼントはこれだ!
 スペシャルティーコーヒーセット!
お買い得情報をゲット!    
ほろにが通信 ========================================================================= 試す価値アリ!    旨い物を発見する楽しみ。

★゜ *:・'゜☆。,:*:・'゜★゜'・:*:,。,:*:・'゜:*:・'゜☆。,:*゜。,:*゜★゜*:・'゜☆。,:*:・'゜★

[PR]
by horoniga-com | 2005-02-21 23:50 | マスターのつぶやき
インドネシア東部で大きな地震、津波被害の報告なし
CNNによると、米地質調査所(USGS)などは19日、インドネシア東部、スラウェシ島南東の沿岸部で同日朝、マグニチュード(M)6.5の地震が起きた、と述べた。家屋損壊などの被害が懸念されているが、報告は今のところない。

スラウェシ島の地方行政当局によると、海面の上昇が確認されたが、津波の被害などはない。ただ、地元住民が津波を恐れて高台に避難するなどパニックが一時起きたとの情報もある。

USGSは、インドネシア西部、スマトラ島沖で昨年12月26日起きた大地震、津波との関連は否定した。

==

インドネシアでは、スマトラ島に次ぐアラビカ種栽培の産地スラウェシ島。個人的に興味が無いので、販売する機会は無いが大きな被害がなくて一安心(^.^)

世界平和の為に・・・・クリック
[PR]
by horoniga-com | 2005-02-20 20:00 | マスターのつぶやき