> 珈琲工房 ほろにが
HPも運営中♪お試しセットプレゼント応募

★☆★☆★☆★☆★☆★ 人気ブログランキングへ★☆★☆★☆★☆★☆★

> 検索
> 最新のトラックバック
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
> 2004SCAA カッピングセミナー
久しぶりの更新です。山盛りつぶやきたい事があったが、3周年記念や極秘プロジェクトの為にサボっていました(^^;ゞポリポリ。

本日は都内某所で焙煎について面白いマシーンがあり、以前から気になっていた物を見学させて頂いた。詳しいことは諸事情により書けないが、科学的な実験やコーヒーの成分のまで分析依頼中であり、焙煎の常識が変わる可能性も秘めている。

とりあえず、当店のウリアス農園を持参し、同じ豆を焙煎しカッピング。今回の場合は香味に関しては好みの世界であり判断が難しいが、アンティグア地方の農園と言うより、ウエウエテナンゴ地区のコーヒーの味に近い。特にAcidity・酸味がマイルドになるので、一般的に好まれる香味であるが、産地の香味を直に味わうには不向きかな。当店ではコンセプトが合わないので使用しないと思うが、素晴らしいマシーンである。

また面白い発見もありましたので、今後の焙煎に繁栄できればと思っています。(早速実験中ですが・・)

その後、場所を移しカッピングセミナーが行われた。チョイト参加費用が高く、以前に行われた物と同じ思っていたが、コーヒーの世界のトップに会えて、意見交換出きる機会は極めて少ないので参加。毎年カッピングフォームが改正され洗練されているようである。



(SCAA会長クリスチャンの新しいカッピングフォームの説明)



今回はイルガチェフェとブラジルオークションのNO1の農園、エクセプショナルカップ2004入賞豆のグァテマラAURORA農園(3周年のプレゼント)と同じくMiralvalle農園の計4種のカッピング。






(左クリスチャン氏・右は日系ブラジルのAKIO氏通訳を担当。ポルトガル語)

自己採点では、AURORA農園は85点。ブラジルのオークション豆は86点。イルガチェフェは×。Miralvalle農園はローストが深すぎて鑑定が難しい。(明らかにミス)現状では80点。美味く焙煎してあれば85点位と推測。ほぼ全ての人が同じ採点であったので、素晴らしいフォームと思う。一緒に記念写真も撮ったが、今回は掲載見送り。




(左クリスチャン氏・右は日系ブラジルのAKIO氏通訳を担当。ポルトガル語)



香味チャートの説明もある。興味がある方は当店まで。また、SCAAのサイトでも購入可能です。
[PR]
by horoniga-com | 2004-11-15 09:10 | マスターのつぶやき