> 珈琲工房 ほろにが
HPも運営中♪お試しセットプレゼント応募

★☆★☆★☆★☆★☆★ 人気ブログランキングへ★☆★☆★☆★☆★☆★

> 検索
> 最新のトラックバック
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
> コーヒー市場価格はポンド当たり120セント
 11月14日 (火)

たまにはコーヒーの話。パート2 ソースはロイター通信


世界コーヒー市場価格は投機的な買いに支えられ、クリスマスまではポンド当たり1.20ドルにまで上昇する可能性もあるとイタリアのコーヒー焙煎業者イリカフェ社の会長は7日に話した。

「今秋はかなり活気にあふれたものになると考えている。現在からクリスマスまでコーヒー市場価格はポンド当たり120セントにまで上昇する可能性もあると思われる。」とイタリアを代表するコーヒー焙煎業者の会長でCEOのアンドレア・イリー氏はロイター通信社のインタビューに答えた。

ニューヨーク・ボード取引所(NYBOT)で取引が行われている指標となるアラビカ・コーヒー先物市場価格は6日に5ヶ月振りの高値付近にまで上昇した後、7日にはさらなる上昇を展開した。ロンドン国際金融先物取引所(LIFFE)で取引が行われているロブスタ・コーヒー先物市場は投機的な買いに支えられ、7日に7年半振りの高値まで急騰した。

NYBOTアラビカ当限12月限は7日の16時51分(GMT)時点でポンド当たり1.1320ドルと安定的な動きを見せていた。

今年の年初にロイター通信社によって行われた統計によると、高品質コーヒーに利用されるアラビカ・コーヒー価格は、来年の供給量切迫懸念によって年末まではポンド当たり1.20ドルにまで上昇することが予想されていた。

イリー氏によると、現在の世界コーヒー需給バランスの大部分は、世界最大のコーヒー生産国であるブラジルの最新の生産高に依存しており、もしその生産高が僅か4,300万袋(60キロ袋)であれば、世界不足量は50万袋になってしまうため、とても不安定なものだと話した。

国際コーヒー機関(ICO)は2006-07年度における世界コーヒー生産高を1億2,000万袋、消費量を1億1,800万袋と予想している。

イリー氏によると世界コーヒー在庫は3,000万袋と歴史的な低水準に陥っており、ブラジルからの新穀によってその水準は3,500万袋に増加するものの、依然として3ヶ月から3ヶ月分の消費分にしかならないと言う。

「ファンダメンタル要因がここまで緊迫しているため、投機筋にはもってこいの状況が作り上げられている。」とイリー氏。「来春は、ブラジルと中央アメリカの天候予報を待ちながら、活発な価格変動が見られると思う。」

同氏によると、寒波、干ばつ、ハリケーン、そして病気などの要因によってさらに価格が上昇することもあるが、安定的な天候でも市場は上昇を続けるものと考えていると話した。

欧州以外で需要拡大

従来の市場である欧州西部の消費がほぼ飽和状態となっている一方で、世界的な需要は米国、ブラジル、欧州東部、ラテン・アメリカ、そしてアジアの新興市場によって支えられている、と130カ国で100%アラビカのコーヒーを販売する同属経営企業の経営を行っているイリー氏は話す。

同氏の予想によると、欧州国民の70%以上がコーヒーを飲み、一人当たりの年間平均消費量は最大で7キロから7.5キロであるものの、これ以上著しい増加を見せることはないだろうと話す一方で、高品質コーヒーに対する需要は増加していることを付け足した。

米国では高品質コーヒー需要成長率は、総消費量の8%に到達した時点で減速を見せているものの、総合的な需要は年間50万袋の成長を記録している、とイリー氏。

イリカフェ社は、同社の主要市場であるイタリアにおいて販売額が昨年の48%から今年は45%に下がることを予想しているものの、今後は欧州東部とアジアにおける需要増加に焦点を当てていくという。

昨年80,000トンと消費量が10%以上の伸びを見せたインドは販売高の成長と言う意味合いでは興味深いものとなり、イリカフェ社はこの先5年から7年におけるインドからの買い付け量を現在の37,000袋から倍増させることを考えている。

同社のイタリア・トリエステに本社を置くコーヒー大学の支店をインドに開設し、そのことでブラジルで行ったように、コーヒー生産者を教育し、生産高の品質向上を狙う。

イリー氏は、イリカフェ社が年間10%から12%という安定的な収益と販売高を維持することを話し、今年は2桁の収益成長率を記録することが予想されていることを付け足した。

2005年にイリカフェ社は300,000袋(60キロ袋)のコーヒーを買い、同社の収益率は11%増の2億2,700万ユーロ(2億8,970万ドル)に増加した。


==

コーヒー生豆の価格相場は、複雑な条件で変動します。
ブラジルで霜災害があれば、イッキに高騰してしまいます。
(今年はその心配はありませんが・・・)

その他にもがミサイル打てば、ドルが上がり円が安くなります。
有事のドル買いなんて言葉もありますが、くだらない地政学的リスクで、
原油があがり、為替が変わり出費が多くなります。

良い商品に対して、適切な価格を支払う事は良い事です。
しかし、勝手にミサイル飛ばして、支払いが多くなるのは困ったもんです。


                    o( _ _ )o ⇒ その他カフェ・喫茶店特集へ




初めてのお客様限定商品です! 5種類入って1000円(送・税込み)
└────────────────────────────────◇

マスターがコレゾ!と選らんだ3種セット♪ とってもお買い得ですっ!
└────────────────────────────────◇

先月のプレゼントご当選者はこちら!
└────────────────────────────────◇

今月のプレゼントはこれだ!チャレンジ♪チャレンジ♪
└────────────────────────────────◇

クリックで救える命がある。
└────────────────────────────────◇
[PR]
by horoniga-com | 2006-11-15 23:35 | マスターのつぶやき