> 珈琲工房 ほろにが
HPも運営中♪お試しセットプレゼント応募

★☆★☆★☆★☆★☆★ 人気ブログランキングへ★☆★☆★☆★☆★☆★

> 検索
> 最新のトラックバック
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
> 温度計設置その後
こんにちは。MASTERです(^o^)丿
先日設置した温度計の(耐熱テープで貼っただけだけど・・。)
温度変化を見ながら焙煎しています。

    ↓



この温度計は、釜の温度を測るものです。
そのほかに豆の温度を測る温度計の他に別途排気温度を測る温度計を設置しています。

思ったとおりと言うか、やっぱりというか・・・。
豆の温度計(空の場合は釜の中の温度計)と、
釜の温度は異なるんですね。

特に1バッチ目の釜の温度は、数回焙煎した釜と温度が全然違います。
それと、10バッチ以上焙煎すると、釜の温度が上がりすぎてしまい、
またもや安定が難しいものです。
そんな時は、焙煎の投入温度・火力・排気・釜温度・時間で調整できます。
釜の温度が分からないと、勘にたよるしかありません。

「人間にしか出来ない物」と「機械にしか出来ない物」があると思うんですよね。
この釜の温度と、ダンパーの調整は機械に頼った方が遥かに正確に焙煎できます。

味を確かめるのが人間なので、そんなに違いが分からないのですが、
これは大きな前進です。自称「焙煎職人」さんにも機械にしか出来ない事を
教えてあげたいです(^o^)丿



明日の活力に1クリックお願いしますo( _ _ )o ⇒ 現在の順位は?



初めてのお客様限定商品です! 5種類入って1000円(送・税込み)
└────────────────────────────────◇

マスターがコレゾ!と選らんだ3種セット♪ とってもお買い得ですっ!
└────────────────────────────────◇

先月のプレゼントご当選者はこちら!
└────────────────────────────────◇

今月のプレゼントはこれだ!チャレンジ♪チャレンジ♪
└────────────────────────────────◇

クリックで救える命がある。
└────────────────────────────────◇
[PR]
by horoniga-com | 2006-10-02 20:30 | マスターのつぶやき