> 珈琲工房 ほろにが
HPも運営中♪お試しセットプレゼント応募

★☆★☆★☆★☆★☆★ 人気ブログランキングへ★☆★☆★☆★☆★☆★

> 検索
> 最新のトラックバック
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
> コーヒーの値上がりは続くのか
コーヒーメーカー各社は、2006年になって相次いで「値上げ」を宣言した。
コーヒー豆の国際相場は4年ほど前のおよそ3倍にまで高騰している。
今後はどうなるのだろう。

ニューヨーク市場のコーヒー豆の国際相場が「高騰」したのは04年11月で、
その数年前まで1ポンド(453g)あたり40セントあたりで推移していた。
2005年にはその3倍近い1ポンドあたり1ドル40セント台にまで上った。

「高騰」した理由のひとつに国際的な需要拡大が挙げられる。
最近では、急速に経済発展を遂げている中国やロシアなどでも
コーヒーの需要は徐々に拡大し、生産第1位のブラジル国内でもコーヒーの
消費が拡大している。「豊かになってくるとコーヒーを飲む人が増える」
(コーヒーメーカー関係者)というように、経済発展ともにコーヒーの需要は
高まっているようだ。

コーヒー豆の生産量も減少している。
そこに追い討ちをかけるように原油高騰と円安が重なった。
コーヒーメーカー各社は、スーパーなど量販店での「特売」を自粛するなどの
工夫をしたが、値上げに踏み切らざるを得ない状況だ。

しかし、キーコーヒーは、
「高騰したというより、以前の価格に戻ったという感じだ」
(広報)とJINビジネスニュースの質問に答えた。

6年ほど以前のコーヒー豆の国際相場は1ポンドあたり1ドルほどで、
数年前のコーヒーの価格が安すぎたことになる。
同社広報によると、当時生産国は生産を縮小し、
需給バランスがタイトになったためにコーヒー豆の高騰を招いた。
コーヒーメーカー側は生産国で異常気象でも発生しない限り、
当面これ以上値上げに踏み切ることはなさそうだが、
世界的な需要増で徐々に価格が上昇していく可能性はある。



明日の活力に1クリックお願いしますo( _ _ )o ⇒ その他コーヒーサイトへ



初めてのお客様限定商品です! 5種類入って1000円(送・税込み)
└────────────────────────────────◇

マスターがコレゾ!と選らんだ3種セット♪ とってもお買い得ですっ!
└────────────────────────────────◇

先月のプレゼントご当選者はこちら!
└────────────────────────────────◇

今月のプレゼントはこれだ!チャレンジ♪チャレンジ♪
└────────────────────────────────◇

クリックで救える命がある。
└────────────────────────────────◇
[PR]
by horoniga-com | 2006-07-18 23:12 | マスターのつぶやき