> 珈琲工房 ほろにが
HPも運営中♪お試しセットプレゼント応募

★☆★☆★☆★☆★☆★ 人気ブログランキングへ★☆★☆★☆★☆★☆★

> 検索
> 最新のトラックバック
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
> コーヒー豆 4月から値上げ!?
スーパーなどで販売されている家庭用のコーヒー豆が4月以降、
相次いで値上げされる見通しになった。コーヒー生豆の国際価格上昇に加え、
原油価格の高騰や円安による包装資材の値上がりが追い打ちをかけている。
コーヒー豆は、スーパーの特売で価格競争は激しく、
メーカーは「価格を上げると消費者離れが心配」と苦い選択を迫られている。

キーコーヒーは1日、レギュラーコーヒー約30種類について、
4月1日からメーカー出荷価格を平均12%値上げすると発表した。
物流コスト削減などを進めたが「今後も厳しい環境が予測される」と話す。
味の素ゼネラルフーヅも4月以降、特売価格の条件を変更するため、
家庭用コーヒー豆10種類の店頭価格が10%前後上昇する見込みだ。

UCC上島珈琲は値上げ予定はないが「状況が厳しいのは同じ」。
スターバックスコーヒージャパンは「豆は長期契約で農家と直接に
取引しているため市価に大きく影響されない」と、
価格改定を予定しないが、これは少数派。

大手商社などによると、コーヒー生豆の国際市場価格は、
02年以降上昇が続き、1ポンド(453グラム)あたり40セントから
昨年は1ドル20セントまで高騰。現在も1ドル10セント前後で推移している。
コーヒーは生産過剰による価格暴落を受け、02年ごろまで生産調整をした。
この結果、値段は上がったが、栽培を放棄した畑が荒れ、
「生産再開には4、5年かかる」(商社)といい、供給がにわかに増える見込みはない。

また、近年はブラジルを筆頭にロシア、インド、中国を含む
BRICs諸国の生活が豊かになり、コーヒーの消費量が増えたことも背景にある。


その他コーヒーサイトへ
[PR]
by horoniga-com | 2006-03-07 20:28 | マスターのつぶやき