> 珈琲工房 ほろにが
HPも運営中♪お試しセットプレゼント応募

★☆★☆★☆★☆★☆★ 人気ブログランキングへ★☆★☆★☆★☆★☆★

> 検索
> 最新のトラックバック
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
> トラックスト・コロンビア
コロンビア・コーヒー輸出者協会は、17日間に及ぶトラック運転手によるストのため、同国のコーヒー輸出が影響を受け始めていると伝えた。同ストにより輸送が不可能となっている場所が数ヶ所あり、15万袋程度のコーヒー輸出が滞る可能性もあるという。コロンビアはブラジルに次ぐ世界第2位のアラビカコーヒー生産国で、コーヒーは同国の主要輸出農産物。今後10-12月収穫予定のコーヒーは、同国の年間コーヒー生産の約60%を占める見込み。(メインクロップ)12万人が参加しているトラック運転手連合(ACC)によるストは14日から続いている。運転手はガソリン価格や高速道路通行料の高騰、同国政府が米国と交渉中の自由貿易協定に抗議している。

米国は選挙前で、私利私欲の政策を実行中。コーヒーの分野ではICO再加入。良くも悪くも問題児。現状の生豆価格の低迷から適正価格への起爆剤になればと思う。

同国コーヒー生産者連盟によると、今年の同国コーヒー生産は前年を100万袋下回る1050万袋で、輸出も100万袋減の920万袋の見込み。世界で最もコーヒー生産の適した国だが魅力が薄れつつある。

しかし、すごい農園も存在する。こやつはとびきり凄い。04-05クロップから販売します。ヒント・・アトランタでお会いした人です。
[PR]
by horoniga-com | 2004-10-02 21:25 | マスターのつぶやき