> 珈琲工房 ほろにが
HPも運営中♪お試しセットプレゼント応募

★☆★☆★☆★☆★☆★ 人気ブログランキングへ★☆★☆★☆★☆★☆★

> 検索
> 最新のトラックバック
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
> ブラジルのコーヒー事情-2
古くからあるこの共同組合の事務所の壁には、雪のように白い花で覆われたコーヒー農園が写された大きな写真が一枚飾ってある。

コパカフェ社は、標高800メートルから1,200メートルの場所で、カラティンガ地区の生産高の約40%を産出する、主に小規模で農業を営んでいる300の会員を抱えている。

コパカフェ社の組合長で120ヘクタールの土地でファゼンダ・アシス社を経営するアルマンド・アシス・フィルホ氏の農場で、標高1,000メートルに作付けされているコーヒー樹は潤沢に花を開花させていた。

肥料を与えられた樹は大部分、健康な葉面を保っていたと言う。農園の一部の古い樹が作付けされていた箇所は、より単収の高い新しい樹を植えるために切り倒され、また一部箇所にも手直しが加えられた。

「カラティンガでは、古い樹は新しい樹と入れ替えられたが、農園の拡張は行われていない。」と四輪駆動で農園を案内したアシス・フィルホ氏は説明した。同氏によるとヘクタール当たりの単収は平均30袋だと言う。

人気blogランキングへ
[PR]
by horoniga-com | 2005-11-16 10:20 | マスターのつぶやき