> 珈琲工房 ほろにが
HPも運営中♪お試しセットプレゼント応募

★☆★☆★☆★☆★☆★ 人気ブログランキングへ★☆★☆★☆★☆★☆★

> 検索
> 最新のトラックバック
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
> レインフォレスト アライアンス(RA)について簡単に

レインフォレスト アライアンス(熱帯雨林同盟)について

 レインフォレスト アライアンスは、アメリカのニューヨークに本部を置く世界的に活動するNGO団体で、1987年に地球環境向上の為、熱帯雨林を維持する事を目的に設立された国際的な非営利環境保護団体です。同盟国は、ラテンアメリカ農業維持ネットワークと連携して基準を策定します。その基準を満たしている農園を認定し、そこから生産された農産物に、Rainforest Alliance-Certificated(旧 ECO-OK)ラベルを市場で用いる事を認めています。


(1)レインフォレスト アライアンス認証基準

 このプログラムは自然の生態系を守るだけでなく、その地域の伝統的な生活を守る事も目的としています。同時に農業従事者が自然の生態系を壊さない範囲でより創造的で、建設的な新技術を取り入れ、農園を改善していく事を狙いとしています。その基準は自然保護、耕作方法、地域社会の3部門の構成から成り立ち、森林保護からの水質汚染、労働者の待遇、化学物質の使用、化学肥料の使用、廃棄物の処理まで細かく規定されています。
 コーヒーに関しては、伝統的な栽培、すなわち原生樹木が作る樹冠(日陰)の下での栽培が生態系の維持にも役立つという認識がされ、この認識を反映した認証基準が採用されています。

例)
[1] 日陰を作る木(シェードツリー=コーヒー樹を強すぎる日光・風雨などから守る為に植えられる高木)が40種類以上自然なまま残されており、植生の多様性が守られている事。
[2] 精製時の汚水や除去された果肉の処理が適切で、水資源を保護する方策が取られている事。
[3] 植物、動物、土壌などの環境保全全般に対する対応がなされている事。
[4] 労働者に対し、国際基準または国内法に沿った待遇と対応がなされている事。


(2)レインフォレスト アライアンス認証手順

[1] 農園よりレインフォレスト アライアンスへ申請
[2] 専門家2、3名による農園視察(申請後8週間以内)
(農園視察にかかる経費は全て申請者負担)
[3] 審査(2、3週間)
[4] 報告書作成
失格の場合は合格するまで指導し、再審査を受ける
[5] 合格後 Rainforest Alliance Certificated の認証を取得


(3)認証コーヒー農園

現在、認証済みの農園は、474ヵ所で中南米諸国、フィリピンまで広がっており、その対象作物は、コーヒーに限らず、バナナ、カカオ、オレンジなど様々です。
 コーヒーに関しては、エル・サルバドル、ガテマラ、コスタリカ、メキシコ、パナマなどに存在し、農園数は42ヵ所でその面積は約5,000haに及んでいます。
[PR]
by horoniga-com | 2004-09-10 01:52 | マスターのつぶやき