> 珈琲工房 ほろにが
HPも運営中♪お試しセットプレゼント応募

★☆★☆★☆★☆★☆★ 人気ブログランキングへ★☆★☆★☆★☆★☆★

> 検索
> 最新のトラックバック
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
> ホテレス-1
水曜日はホテレスにカフェラファミーユの奥澤さん他スタッフの皆さんと行ってきました。7時に起床とは半年振り^_^; こんなに辛いのなら、起きていたほうが良かったと思いつつ・・・・。

イロイロ交渉ごとはあったのですが、第一はエスプレッソマシーン。業務用でなるべく使い易いマシーンを探し、価格を聞いてきました。その後は、SCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)の主催する「ワールドスペシャルティーコーヒーロードイン東京2005」を見学。農園主の方も来日しており、サンプルのコーヒーも飲ませてもらう。グァテマラのアナカフェでは、7つの産地のコーヒーを飲み比べ。Hpがスペイン語のみなので、早く英語のサイトを作るようにニャンワリお願いしておきました。

とある商社さんのブースに、アトランタの時通訳をして頂いた伊藤さんを発見。ブラジルのダテーラ農園の農園主、Mr. Luis Norbert Paschal氏の話を隣で通訳して頂く。氏曰く、アマレロ(黄色い実)の品種は、ブルボン種・カツアイ種の他にもムンドヌーボやその他の品種にも存在する様である。突然変異か人工的に改良されたかは不明であるが、生産国の国々で呼び名が違ったりと一層複雑化していると実感。彼の書いたエスプレッソの教本も頂いて帰る。

お米はDNA鑑定でコシヒカリやササニシキが簡単に判別出来るようであるが、コーヒーの品種のDNA鑑定は不可能になりつつあると思う。もう手遅れになってしまったのかもしれない。オークション等を見ていると次から次へと新しい品種が登録されている。

バリスタチャンピオン決勝戦の観戦。アトランタの時よりは静かな雰囲気で淡々と進められていました。優勝者は有名なバリスタさん。
[PR]
by horoniga-com | 2005-03-10 22:51 | マスターのつぶやき