> 珈琲工房 ほろにが
HPも運営中♪お試しセットプレゼント応募

★☆★☆★☆★☆★☆★ 人気ブログランキングへ★☆★☆★☆★☆★☆★

> 検索
> 最新のトラックバック
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
> スペシャリティーコーヒーとは・・。
Specialty Coffeeの語源は米国Knutsen CoffeeのErna Knutsen女史が1978年にフランスのコーヒー国際会議で使用したのが起源。

『special geographic microclimates produce beans with unique flavor profiles (特別の気象・地理的条件がユニークな香気を持つコーヒー豆を育てる)』

またS.C.A.A.(米国スペシャリティーコーヒー協会)のDon Holly氏はこう言います。『結局スペシャリティーコーヒーはカップで決まる。一杯のカップが消費者の手に渡るのには多くのステップがあり、全てのプロセスで最高品質が維持されて スペシャリティー足るものが守られるのだ』この基本理念から発展して近年のスペシャリティーコーヒーの運動は発展してきました。

しかし何がスペシャリティーコーヒーなのかの世界統一の定義はまだ固まって無く、毎年定義が変わり、より建設的に変貌しています。現SCAA会長クリスチャンの講義を元に、最新の定義を公開。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
生産国
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1 アラビカ種の品種が特定できること
伝統的品種といえるブルボン、ティピカ、カツーラ等であること。他の品種と配合されていても、その内容がわかるもの。改良品種であっても、雑味がなくクリーンな香味であればよい。

2 農園もしくは、栽培地区の特定できるもの
地域が限定されていけば、土壌、品種、栽培方法、精製などのプロセスがわかりやすくなる。

3 栽培、精製に手抜きがないこと

厳密には、栽培、精製メソッドに基づききちんと生豆に加工されたもの。完熟度、選別、乾燥方法、乾燥時間、乾燥度等が遜守され、欠点豆が除去され、サイズが特定できれば味の安定度はます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
消費国
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1 Fragrnce/Arroma (フレグランス・アロマ)
フレグランス・・・焙煎後のコーヒー豆とその豆を挽いたときの香り
アロマ・・・コーヒー抽出液の香り
以上2点の質的評価と好感度

2 Acidity (酸味)
コーヒーにおける酸味はその味を非常に左右する重要な味覚です。その、酸味の量的評価

3 Body (フレーバー)
フレーバーとはコーヒーアロマと味を意味し、その質的評価と好感度

4 アフターテイスト評価
コーヒーを飲み干した後の嗅覚・味覚で感ずる風味の素晴らしさ、印象度と、後口のなめらかさ爽やかさ、または刺激的感覚。これは、スペシャルティコーヒーにおける最も重要な評価要素です。
[PR]
by horoniga-com | 2004-07-30 11:06 | マスターのつぶやき