> 珈琲工房 ほろにが
HPも運営中♪お試しセットプレゼント応募

★☆★☆★☆★☆★☆★ 人気ブログランキングへ★☆★☆★☆★☆★☆★

> 検索
> 最新のトラックバック
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
> ブルーノートか。
http://nikkeibp.jp/によると、日本ミルクコミュニティは2月23日、東芝EMIとのパッケージ・コラボレーション企画商品の第1弾として、カップコーヒー「Off Beat Cafe CAFFE LATTE LL200ml」を4月12日に発売すると発表した。 米国のジャズ専門レーベル「BLUE NOTE」(ブルーノート)のアルバム・ジャケットをパッケージにあしらった。価格は134円。ジャズのリスナーとコンビニエンスストア顧客のコア年代層が一致する30~40歳代の男性を主な顧客に見込む。

ブルーノートは、1939年にニューヨークで設立されたジャズ専門のレーベル。国内盤の販売は、東芝EMIが行なっている。

カップコーヒーは、同レーベルのアルバムからトランペッターClifford Brownの「Memorial Album」、Freddie Hubbardの「Open Sesame」、ピアニストSonny Clarkの「Cool Struttin'」、そしてテナーサックス奏者Hank Mobleyの「Soul Station」の4枚を選んで、ジャケットをカップに印刷した。こうした形でのコラボレーションは、ブルーノートの歴史の中でも初めての試みという。

日本ミルクコミュニティによれば、ジャズは、かつてのジャズ喫茶のころから、近年のカフェまで、BGMとしてよく流される、コーヒーと相性の良い音楽。カップコーヒーの容器とジャズ名盤ジャケットを組み合わせることで、消費者には時間や場所を問わず、くつろいだ雰囲気を楽しんでもらいたいという。製品名にあるOff Beatはブラックミュージックで多用される裏拍子のリズム。音楽シーンを想起させる狙いで命名したという。

==
ジャズって50代~60代の人が、リアルタイムで楽しんでいたと思うけど面白い企画。Sonny Clarkなんかも出てるんだね。(写真参照)日本ミルクコミュニティってメグミルクだったのね。

と言うことは・・・・。

パッケージにはカフェラテと明記してある。イメージ的には深煎りのブラックコーヒーって感じだけどね。日本ミルクコミュニティのページにはまだ記載されていないよう。余計な事だけど、もう一般的なイメージは回復したのかな?小生は絶対買わないブランドの一つ。飲食として絶対やってはいけない過ちを犯してしまったのだからね。

ぷちっ。
[PR]
by horoniga-com | 2005-02-24 15:12 | マスターのつぶやき