> 珈琲工房 ほろにが
HPも運営中♪お試しセットプレゼント応募

★☆★☆★☆★☆★☆★ 人気ブログランキングへ★☆★☆★☆★☆★☆★

> 検索
> 最新のトラックバック
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
> 明けましておめでとうございます。
新年明けましておめでとうございます。
今年一年が皆様にとってよき年でありますよう
心よりお祈り申し上げます。

とあるコラムの抜粋。
==
21世紀のいま、コーヒーは石油に次ぐ大型国際商品としてニューヨーク、ロンドン、東京に先物市場があるが、東京も人種のるつぼ化が市場活性化には必要なのかもしれない。ネット取引の時代とはいえ、対面での情報交換はいつの時代にも欠かせない。

コーヒーの国際相場は、供給過剰下に低迷が続いているが、コーヒーの国際機関はロシア、東欧、中国での消費振興に資金を投じ始めている。17世紀後半のヨーロッパ同様、コーヒー愛好家がそれらの地域で増えていけば、いつの日か、需給は均衡し、コーヒー相場の新たな水準が定まっていくだろう。
==

大筋の読みはこんな展開だったと思う。少なくても、昨年夏まではコーヒーの国際相場は、供給過剰下に低迷と予測されていた。しかし、大規模なハリケーン被害・米国の消費拡大・インドネシア大津波等の理由により一転した。

その相場は、適正価格で収まるのか?このまま高騰するのか?今後のマーケットの状況は・・。年明け早々不安(T.T)
[PR]
by horoniga-com | 2005-01-01 13:34 | マスターのつぶやき