> 珈琲工房 ほろにが
HPも運営中♪お試しセットプレゼント応募

★☆★☆★☆★☆★☆★ 人気ブログランキングへ★☆★☆★☆★☆★☆★

> 検索
> 最新のトラックバック
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
> イタリア イリーカフェ 完璧なエスプレッソを追求
エスプレッソ業界で70年の歴史を誇るイタリアのイリーカフェのエルネスト・イリー会長(79)は、今週グアテマラを訪れた際、ロイター通信のインタビューに応じ、自分は良質のコーヒーを知っているが、業界は依然、認識違いをしていると語った。

同会長はアラビカ種の生来の複雑さを、人間のそれに例えるが、コーヒー市場のトレンド分析は単純だ。高品質の豆とライトロースト(浅いり)の市場は開拓が進んでいない一方、米国で流行しているダークロースト(深いり)やフレーバー(風味付き)コーヒーの市場は飽和状態という。

同会長によると、深いりすると苦味が出るため、販売業者は砂糖やミルクなどで味をごまかした上で、材料費を加算して販売している。しかし、こうした戦略は、終わりに近づいていると指摘。「日に日に、(コーヒー豆本来の)香り(アロマ)と高品質のコーヒーの味をたしなむ人が増えている。我々は売り上げも急拡大しつつある」と強調した。

同会長は、不良品率ゼロの、標準化した品質にこだわりを持っている。しかし、過去5年にわたるコーヒー価格低迷が、高品質の豆の供給に影響を及ぼしかねないと危惧している。同社は、選りすぐりのアラビカ種のみをブレンドに使用しているが、相場低迷が続けば、他の焙煎専門業者同様、良質のコーヒーが入手できなくなるとしている。

とは言え、イタリアでは良い豆を使っている方ではあるが、世界的にはそんなに品質の良い物も買ってい。砂糖をたっぷり入れる文化はイタリアのはず。ヨーロッパ・スペシャルティーコーヒー協会(SCAE)日本スペシャルティーコーヒー協会(SCAJ)なんて名前だけで、バリスタコンテストでお祭り騒ぎをしているだけではないのか?

だから、アメリカのスペシャルティーコーヒー協会(SCAA)に主導権を握られ、イタリアの文化であるエスプレッソも、もはやアメリカの飲み物である。会長。売上が急拡大しつつあるのは生豆の慢性的な低価格の為ではないの?
[PR]
by horoniga-com | 2004-09-01 21:37 | マスターのつぶやき