> 珈琲工房 ほろにが
HPも運営中♪お試しセットプレゼント応募

★☆★☆★☆★☆★☆★ 人気ブログランキングへ★☆★☆★☆★☆★☆★

> 検索
> 最新のトラックバック
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
> ブラジル
ブラジル農務省は10日、2005-06年度(05年7月-06年6月)の同国コーヒー豆収穫高は3070万-3300万袋(1袋=60キロ)と、04-05年度の推定3860万袋を下回るとの見通しを明らかにした。これは新年度分の第1回予測で、このうちアラビカ種生産高は2150万-2350万袋と、04-05年度の3110万袋を下回る見通し。2年周期の収穫サイクルにおける収穫低下によるという。

一方、収穫が少ない方のロブスタ種は、920万-960万袋と、今年度の収穫高760万袋を上回る見通し。農務省の生産・貿易当局者のリネウ・ダクスタリマ氏によると、生産高減少には、ほかに2つの理由がある。同氏は「1つは降雨量が少ないこと、もう1つは肥料の使用を減らすことだ」と話した。

農産物調査会社サフラスは8日、05-06年度コーヒー豆生産高見通しを、3290万袋-3520万袋と、04-05年度推定の4090万袋から17%減としている。

一方、コーヒー豆生産者らは、生産高が3000万袋もしくは、それ以下と予測。その理由は、収穫サイクルの下降期であること、穀物の世話不足、天候に恵まれないことなどとしている。トレーダーらの予測は3500万袋。

今年のブラジルの香味は軒並み不評であるが、新豆マカウバデシーマ農園はご機嫌である。サンプルはまあまあの出来と思っていましたが、実際焙煎してみると、去年よりも甘みやショコラのような触感があり美味い。ブラジルの豆が美味いと、ブレンドのレベルがグンとアップするので◎
[PR]
by horoniga-com | 2004-12-15 23:11 | マスターのつぶやき