> 珈琲工房 ほろにが
HPも運営中♪お試しセットプレゼント応募

★☆★☆★☆★☆★☆★ 人気ブログランキングへ★☆★☆★☆★☆★☆★

> 検索
> 最新のトラックバック
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
> ブラジル 生産者コーヒー売却量が急減の見込み
ブラジル・ミナスジェライス州のコーヒー協同組合コーシュペ関係者は23日、同州生産者によるコーヒー売却量が10月末までに60%減少するとの見通しを示した。同国政府によるコーヒー生産者に対する低利融資が背景となっているようだ。

同関係者によると、同国政府は、コーヒー生産者の在庫管理費用を対象に、8億レアル(約2億7000万ドル)規模の低利融資を実施。生産者は、市中銀行の利率をはるかに下回る年率8.75%で10万レアルまで融資を受けることが可能となった。この結果、生産者に高値待ちをする資金的余裕ができた。

同関係者によると、生産者は10月からコーヒー価格が上昇すると見ており、コストをカバーするための最低限の量しかコーヒー豆の売却を行っていないという。

コーヒー生産は隔年サイクル。そのため、来年度の生産量は低く、価格は上昇することが予想されている。同関係者によると、現在のコーヒー豆売却価格は推定で1袋(=60キロ)当たり180レアルだが、1月までには220レアルまで上昇する見込み。これに対し、在庫コストは1袋当たり10レアルしかかからないという。

ビジネスと言うか、醜い争いというか・・・。商社が必要以上に買い叩くからこの様な事になるのでは?まだまだサスティナビリティーと言う概念は何処にもない。
[PR]
by horoniga-com | 2004-08-26 21:43 | マスターのつぶやき