> 珈琲工房 ほろにが
HPも運営中♪お試しセットプレゼント応募

★☆★☆★☆★☆★☆★ 人気ブログランキングへ★☆★☆★☆★☆★☆★

> 検索
> 最新のトラックバック
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
> パカマラ焙煎


いつもありがとうございます^ ^ 

従業員のMASTERでございます。



今日はワークショップ用の焙煎をしました。

豆はエルサルバドルのパカマラ種です。



この豆は非常に大きく、密度が無く柔らかい豆で、

比較的簡単にふっくらと焙煎が出来ます。



高山地のグアテマラのような固い豆とは違い、

浅く焙煎しても綺麗に煎れるのです。

この豆の焙煎は殆どの人が悩まないと思います。



しかし!そんなにコーヒーの世界は浅くありません。

「この豆は最も焙煎が難しい!」と気が付いた時、

焙煎人としてやっと中級クラスにランクアップ出来たといえます。



ワークショップとは言え、同業他社の焙煎人と味比べをするのですから、

腕の差が雲泥に出ると思います。面白い題材です。(残酷ですが・・・)






今回は3バッチ焙煎しカッピンを行いました。

うぅん・・。この豆はカップによるブレが大きいです・・・。





赤のグラフが通常焙煎の温度上昇ラインで、

青は多少違う曲線になるように焙煎してみました。



焙煎して一週間目にコンテストがありますので、

この場合は、青のラインの方が優れた香味になりそうですが、

2週間経ったときの香味は、赤のほうが断然優れていると思います。



(今のところ)赤の温度上昇のパターンが、

劣化が最も少ない焙煎方法と思います。

とは言え温度の曲線よりは、排気や火力のコントロールが

最も香味にとって大切なのですが・・・。



明日までに決めなければなりません。。。。

カッピングしてみたい人は、明日の13時までにお越しください。



あぁ。小生はこのワークショップの当番なので、

参加賞も作らねばなりません・・・。

何だか忙しいぞ(`・ω・´)



↓応援お願い致します!!



人気ブログランキングへ

↑明日の活力に!ポチッと応援お願いします^_^

・*☆*・広告・*☆*・・*☆*・・*☆*・*☆*・*☆*・
◆初めてのお客様限定商品です!◆
  
========================================
◆マスターがコレぞ!と選らんだ3種セット◆

  
========================================
◆今月のプレゼントはこれだ!◆
  
=======================================


[PR]
by horoniga-com | 2009-09-24 00:18 | マスターのつぶやき