> 珈琲工房 ほろにが
HPも運営中♪お試しセットプレゼント応募

★☆★☆★☆★☆★☆★ 人気ブログランキングへ★☆★☆★☆★☆★☆★

> 検索
> 最新のトラックバック
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
> コーヒーの語源
面白い記事があったので、抜粋します。(手抜き・・第2弾)
==
コーヒーの語源を遡ると「お酒」を意味する言葉にたどりつくことができます。「コーヒー」は、英語で“Coffee”独語で“Kaffee”仏語では“Cafe”と綴りますが、そもそも語源は、コーヒー原産国のエチオピア南西部にある古くからコーヒーを育んできた「カファ Kaffa」という地名に由来する説の他、アラビア語の「カゥア Qahwah」に由来するという説が一般的に知られています。

アラビア語の辞書を引くと「カゥア Qahwah」は“コーヒー”と記載されていますが、ある研究によれば、人類がコーヒーを飲み始める以前から存在した古い言葉で、その意味の指すところは「ワイン」であったとされています。糖分を含むコーヒーの実の薄い果肉は自然の摂理でアルコールへと変化するため、コーヒーが現在のような琥珀色した飲み物となる遥か昔、人々がコーヒーの赤い実の果肉を発酵させてお酒を作っていた時代がありました。

残念なことに今日では、コーヒーの赤い実を原料にして作ったお酒を口にすることはできませんが、コーヒーのリキュールとしては、焙煎したコーヒーをスピリッツに漬けて造るカルーアコーヒーリキュールが有名です。その他にも各種アルコールを加えてアレンジされたコーヒーメニューも数多くあります。
[PR]
by horoniga-com | 2004-11-28 15:08 | マスターのつぶやき