> 珈琲工房 ほろにが
HPも運営中♪お試しセットプレゼント応募

★☆★☆★☆★☆★☆★ 人気ブログランキングへ★☆★☆★☆★☆★☆★

> 検索
> 最新のトラックバック
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
> アポロ13号
この仕事を始めるまでは、人間らしく?映画も見たし音楽も聴いていたが、最近は、仕事をするか寝るかの生活が続く。感覚的には、終わりのないロールプレイングゲームのような世界かな?

昨日の日曜洋画劇場はアポロ13号だった。そうそう。全日本コーヒー協会のコラムで面白い事が書いてあったので以降参照。

「コーヒー、アポロ13号乗組員を救う」

『こちらアポロ13号、緊急事態発生!』
このセリフが、「ドラマ」の幕開けでした。1970年4月13日午後10時、アポロ13号の酸素タンクに突然破裂が生じたのです。宇宙の旅にとっては決定的事態の発生。一分でも一秒でも長くエネルギーを保って、無事地球に帰還するため、電気は切られ、船内は氷点下近くまで下がったのです。ヒューストンのすべてのスタッフとアポロ13号乗組員は可能な限りの手を打ちました。

こうして乗組員が、極度の寒さと不安で戦う中、繰り返し繰り返し届けられたヒューストンからの激励メッセージは『こちらヒューストン。がんばれ乗組員の諸君! 君たちは今、熱いコーヒーへの道を歩いているのだ!』

人類が宇宙で直面した最大の危機、そしてそれを乗り越えようとする場面にコーヒーは重要な役柄で登場したのです。

コーヒーはアラビア半島とアフリカ大陸が出会う地で発見され、イスラムで「秘薬」から「大衆の飲みもの」になりました。そして海を渡りヨーロッパでその文化を育くみ、さらに日本に伝わり、今や世界中の人々に愛されています。最後のアポロ13号の物語は、人類が宇宙に飛び出しても、コーヒーがわたしたちにとってとても大切な飲みものであることを、あらためて教えてくれます。現在も未来も、コーヒーはわたしたちのそばにいてくれます。
--
美味しいチョコがあれば言う事無しだね。

珈琲工房 ほろにが
[PR]
by horoniga-com | 2004-08-23 22:50 | マスターのつぶやき