> 珈琲工房 ほろにが
HPも運営中♪お試しセットプレゼント応募

★☆★☆★☆★☆★☆★ 人気ブログランキングへ★☆★☆★☆★☆★☆★

> 検索
> 最新のトラックバック
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
> ICO 世界のコーヒー産業、危機脱却
国際コーヒー機関(ICO)のオソリオ事務局長は9日、当地で開催されているコーヒー業界の会合でロイター通信に対し、同業界が過去5年間にわたる価格低迷、倒産、解雇といった苦境の後に、相場回復によってようやく持ち直す可能性が出てきたとの見方を示した。

同事務局長は「最悪の事態は脱却したと思う」と述べた。

コーヒー危機により業界では、グルメコーヒー豆の競売や「公正な取引」「鳥にやさしい」などといったフレーズによる農家によるコーヒー豆の差別化など、様々な販売促進策が考案された。
しかし、業界の復活は単純な需給の側面から達成されようとしている。
コーヒー豆消費量は着実に増加しており、世界最大のコーヒー豆輸出国であるブラジルで減産が見込まれることから専門家の間には慎重ながらも楽観的な見方が広がっている。

同事務局長は「相場は今後2年間で少なくとも生産コストをカバーし、多少の利益を残す程度まで回復すると期待できる」と説明した。また「相場が急騰するとはいえないが、満足がいく水準へと徐々に回復するだろう」
と語った。

2003-04年度の世界のコーヒー豆生産量は1億0069万袋(1袋=60キロ)と前年度(1億2195万袋)比17.4%減少。これは過去5年間で最低水準で、このことが同事務局長の楽観的な見方の根拠となっている。これについても後日つぶやきぼやきます。
[PR]
by horoniga-com | 2004-11-20 13:53 | マスターのつぶやき