> 珈琲工房 ほろにが
HPも運営中♪お試しセットプレゼント応募

★☆★☆★☆★☆★☆★ 人気ブログランキングへ★☆★☆★☆★☆★☆★

> 検索
> 最新のトラックバック
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
> スペシャルティ・コーヒー需要への対応
コスタリカのコーヒー専門家、グレース・メナ氏が「国際コーヒー週間」年次会合の席上、ロイター通信に対し、ここ数年間のスペシャルティ・コーヒー・ブームが今後の拡大を続ければ、需要不足が生じるかもしれないとの見方を示した。

今回の会合では、スペシャルティ・コーヒー市場の将来と、なお拡大が続く最高品質コーヒー豆需要に対応する上での課題が主要テーマとなった。

同氏によれば、コーヒー分野では過去5年間の相場低迷からの脱却を図ろうとしながら資金不足に悩む生産者が存在する一方で、スペシャルティ・コーヒーを求める潮流に追いついていくために高品質のコーヒー生産を余儀なくされる生産者が増えていくとみられる。

コーヒーの生産はなお供給を上回っているが、スペシャルティ・コーヒー市場は急速に拡大している。そのため、米スターバックスなどの焙煎業者は新たな供給先を探し始めた。多くの専門家が、市場は「商用等級豆」と「最高品質豆」とに二分化し始めたと指摘している。

コーヒー業界の危機は6年目を迎え、数百万の農家が影響を受けている。2004年は相場がやや上向いたため、慎重な中にも楽観的な見方があるものの、大多数の農家にとって、出荷価格はなお生産費用を賄う程度の水準。これについては後日つぶやきぼやきます。
[PR]
by horoniga-com | 2004-11-20 13:47 | マスターのつぶやき