> 珈琲工房 ほろにが
HPも運営中♪お試しセットプレゼント応募

★☆★☆★☆★☆★☆★ 人気ブログランキングへ★☆★☆★☆★☆★☆★

> 検索
> 最新のトラックバック
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
あれ 鈴虫が鳴いている~。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
里帰り その後・・。
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
最高気温更新!
from 『おすみとマスターのほろにが..
> ブラジルのコーヒーとは・・

日本からみると地球のほぼ反対側にある国ブラジル。現在そこに暮らす日系人は、何と150万人とも言われています。日本以外に、これだけ多くの日本人の血を受け継ぐ人々が住む国は他にありません。ブラジル・サンパウロ州では、6月18日を「日系人移民の日」としていますが、なぜこれほどの日系人の方々がコーヒー大国ブラジルに暮しているのでしょうか。今月はブラジルコーヒーと深いつながりを持った日本人にスポットをあててみました。

ブラジルでは1888年にようやく奴隷制度が廃止。それまで農園で働いていた人々は街へと移り住み、農園は極度の労働力不足となり国の経済に深刻な打撃を与えました。時同じ頃サンパウロ州においてはコーヒー栽培が盛んとなり始め、サンパウロ州のコーヒー農園は人手を必要とし、“コーヒー栽培に従事できる働き手となる定住移民=農民”の移住をヨーロッパ諸国に呼びかけました。当初コーヒー栽培はヨーロッパからの移民によって行われていましたが、労働の苛酷さに加え、第一次世界大戦が勃発すると、ヨーロッパ各国がブラジルへの移民を停止したことで、それに代わる労働力がますます日本に求められるようになったのです。こうして人々はコーヒー栽培の担い手となるためにブラジルへと旅立って行きました。

当時、移民を募る広告には“舞って楽しくそして留まる”=舞楽而留(ブラジル)という当て字を用いた国名が掲載されていたそうです。日本での暮らしに別れを告げ新天地ブラジルに希望の光を求めて、1908年(明治41年)4月28日午後5時55分、781名を乗せた笠戸丸(かさとまる)が神戸港を出港。52日間の長い船旅を経てたどり着いたのが、今日もなおブラジル最大のコーヒー積出港である“サントス”でした。

東洋から来た小柄な移民たちを見たブラジルの新聞記者は、他国の移民とは全く異なる日本人の清潔さや礼儀正しさ、そして大勢の日本人が立ち去った後にチリひとつ落とさぬ彼らの姿には、大いに驚いたといいます。いつの時代も決して忘れたくない日本人らしい公衆での礼節心を感じさせられます。

“コーヒーは金の成る木”と信じてブラジルへ来た移民たちは、この地へ来て生まれて初めて飲んだコーヒーの苦さに驚き、口に含んだコーヒーを吐き出して、こんな苦いものを育てる為に遥々海を渡って来たのかと不安にかられたそうです。そして奴隷解放から長い年月が経ってはいたものの、農園を取り巻く環境はさほど変わってはおらず、銃を持ち、馬にまたがった監視人の下で行う農作業は、コーヒー栽培の過酷な肉体労働以上に精神的苦痛の芽を日本人移民たちの心に植え付けたと言います。

コーヒー栽培の傍ら、借地で稲作を試みようとした移民たちは、川べりの湿地近辺に住居を構えました。また、遠い異国の地においても風呂を極楽浄土と重ねあわせた精神志向は変わることなく、好んで川辺に住んだためにマラリアで命を落とし、まるごと全滅した村落もあったそうです。これは稲作文化に培われ、身と心を清めることを尊ぶ日本民族の魂が生み出した悲劇でした。

その後も、日本からの移民の数は増え続け、1923年関東大震災の救助策として、政府は特別補助金を出して110名を移民としてブラジルへ送り出しました。更に1927年、日本では金融恐慌、1929年の世界恐慌、1931年の東北・北海道の冷害など、経済不況や天災はさらに移民を送りだす引き金にもなりました。やがて自作のコーヒー農園を営む人、また、土地を離れサンパウロ近郊に移り住んでゆく人々も増え、ブラジルにおける日系人の活躍は農業だけに留まらず教育や医療、政治へと活躍の場を広げてゆきました。

実にブラジルへ渡ってきた日本人のうち、およそ8割の人々がコーヒー栽培に従事したと言われています。そうしてサンパウロ州のほとんどのコーヒーの木は、幾多の困難を乗り越えた日本人移民の手によって育まれ、特に、今日ブラジルコーヒーの名産地のひとつとして知られるサンパウロ州モジアナ地域においての活躍ぶりは、ブラジルコーヒーの深い味わいを生み出す礎となりました。

最後の移民船が、神戸の港からブラジルに向けて出港したのは1971年(昭和46年)。のべ25万人もの人々がブラジルへと移住したとされています。日本人がブラジルに伝え広めた農業技術は多方面に及び、例えば、ブラジルでは長いこと輸入に頼っていたコーヒー生豆を詰める「麻袋」の材料である麻の栽培、胡椒の栽培をはじめ、新鮮な生野菜を食べる食習慣なども日本人の農業技術がもたらしたものだったのです。

こうしたブラジルへの貢献を評価し、ブラジル・サンパウロ州は6月18日を「日系人移民の日」と定めたのでした。
[PR]
by horoniga-com | 2004-07-26 01:06 | マスターのつぶやき